稼ぐ / スキルアップ / 楽しい

BB Log / yukimura masanobu

ブログ運営

手取り14万円、忙しすぎてブログなんて書いてる暇はない!→諦めないで!大丈夫!やれます!

更新日:

毎日1記事ずつ作り、 Googleアドセンスを活用して広告収入を上げましょう、という話を以前のブログで書きました。

こういう話をすると「そもそも無理でしょ」とか「時間がない」とか言われます。しかし、私も会社員として働いていますが、先人の知恵やノウハウを実践することで実際にできました。私はどこにでもいる普通の会社員です。

出来ない人がやっていないのはただ1つで「行動し続けること」だと思っています。なぜ「行動」しないかというと失敗を恐れて安全圏にいるからです。

人は親に育ててもらったり、学校教育を受けたり、自身で経験を積み重ねていく中で、自身の行動範囲を決めてしまいます。自分はここからここまで動ける人間だと。それがいつのまにか自分の動ける範囲を確定させてしまい、少しでも範囲の外へ行けなくなっていきます。一言でまとめる「安全な空間に住み続ける」ということです。この「安全」とか「安心」という言葉がやっかいな存在です。

「安全」を得ることは悪いことではありません。危険を遠ざけ命を守るために必要なことです。しかし、自分の可能性を拡大させるという点に関しては「安全」という言葉が足枷になってしまい移動範囲を制限してしまいます。

出来る人との違いは「思い込み」だけ

手取り14万円の仕事をしている人と、それ以上稼いでいる人とを比較したときに何が違うのかというと、おそらくほとんど何も変わらないと思っています。違いは14万円しか稼げないという「思い込み」に囚われている人と、そうでない人かの違いだけです。

思い込みとは、「自分には14万円しか稼ぐ能力がない」とか、「今の会社ではもう給料は上がらない」とか、「他の社員も同じ給料だから問題ない」といったものです。

話は変わりますが昔、 他の人から 「いや、毎日の仕事が大変で疲れて何も動けないんだよ」と相談を受けたことがあります。が、いろいろ話を聞いてみると、私から見ればその人は自分のために動ける時間が存在していました。

その人がやっていることの1つに「帰りの電車で Twitter を見ている」というのがありました。Twitter を見るのを止めたらと聞いたところ、「Twitter をやらないとストレス発散できない」といった回答が返ってきました。

さらに問題だったのが、本当に Twitter でストレス発散ができていればよかったのですが、話を聞き進めていくと、Twitter で嫌な人に絡むことでさらにイライラを増大させているような部分があることがわかりました。

要するにその人は 「Twitter を使用することは意味のあることで時間の無駄ではない」とか、「Twitter はストレス発散として有益だ」と思い込んでいたのです。最終的には「Twitter の時間は半分に減らして空いた時間を有効活用する」という結論に落ち着きました。

今、本当にギリギリの生活費や時間で人生を過ごしている人は世の中にたくさんいると思っています。ただその原因を「日本が景気が悪いから自分の給料低くて当然」とか、「あのとき失敗したからもう立ち上がれない」というような「呪いに近い思い込み」によって縛られてしまっている人が多いような気がしています。

まずはこの 「呪いに近い思い込み」 を取り払うことが必要だと考えています。日本全体は今ヤバイ状態かもしれませんが、個人が生き残るにはまだ可能性はあります。

「呪いに近い思い込み」を取り払うには

「呪いに近い思い込み」は自分では良いと思っていることが、他人から見ると間違っているというものです。自分1人では気づきにくいものです。

他人に呪いを振り払ってもらうことが一番いい方法だと考えています。ただし、呪いを振り払える人と、呪いを振り払えない人がいます。

今回の話でいうと「呪いを振り払える人」は手取りが14万円を超えている人です。実際にその壁をぶち破っているから何を改善するべきか教えてくれるはずです。 「呪いを振り払えない人」は、自分と同じ環境にいる人です。会社の同僚とか先輩は同じ呪いにかかっているので困難です。話をしても「やっぱ無理だよなぁ」という結論で話が終わってしまいます。

適切な相談相手がいない場合は、ブログだったり本だったり他人が書いた情報を頼りましょう。他の人の考えを情報として取り入れることで改善することができるかもしれません。

他人の新しい考えを少しずつ自分に取り込むことで自分自身をアップデートするのです。注意点としては有益すぎる情報には気を付けてください。楽して何もスキルを身につけずに一足飛びでうまくいくような話に乗ると騙される可能性が高いです。そんな話があるなら本人がやっているはずです。

忙しすぎる人はスマホでブログを下書き

思い込みが取れたところでようやく次のステップに入れます。今回の主題であるブログを書こうという話です。しかしやっぱり時間がないものはないという人はいます。そういう人に勧めたいのがスマホでブログのネタを書く方法です。

ブログというと画像を入れたり、レイアウトを工夫したりといった手間もありますが、一番時間がかかるのは文章の作成です。この時間がかかる文章を1日の空き時間にスマホで書いてしまうことで、作業時間を短縮します。

私が過去にやっていたのは通勤時間中にスマホを開いて Gmail を活用する方法です。メールを新規作成し、ブログの元ネタを下書きしていました。何かネタを思いついたらまずタイトルだけ書いて保存。伝えたいことを思いついたら文章にしてみる。最初は構成やらなにやらは無視して書きたいことをつらつらと書いていきます。で、電車で目的地に着いたらいったん保存、またどこかで空き時間が出来たら前回の続きから再開です。

スマホで書くと良い点は空き時間を無駄にしないというのと、書いた内容は電子データになっているのでそのまま使用できる点です。メールで書いたブログの下書きをコピペしてからPC上で編集していました。

で、ここまで偉そうに書いてきましたが「スマホを活用といった方法なんてすぐに思いつくよ」ということなんです。しかし、これを聞いて実際にやれる人はかなり少ないです。最初に言ったように知識さえ得てしまえばできる人とできない人との違いなんてほぼないです。知識はあります、やり方もわかります、でも動けません、動いても意味がありませんという人が多いのです。

だから、まずその動けないという「呪い」をお祓いしてもらって1つでも行動してみてください。最初に動き出したら結果を求めすぎないというのが続けるポイントです。最初なんて3時間かけて会心の出来の記事を書いてもアクセスがゼロなんてところから始まります。そこで心が折られることなく続けるコツは「まずは10アクセスを目指すぞ」と小さな目標を立てて積み重ねていくことです。もしくは誰かに褒めてもらうことです。誰もいなかったら私が褒めますので Twitter なりなんなりにメッセージをいただければできる限り反応します。

私が手取り14万円で苦しんでいる人できることなんて、こういった形で知っていることを話すことしかできません。

私はあなたと会ったことはありませんが、あなたは1人しかいません。絶対に貴重な経験を持っている人だと思っています。絶対に素敵な人です。 絶対に頑張っている人です。だから諦めないでください。

-ブログ運営
-,

Copyright© BB Log / yukimura masanobu , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.