稼ぐ / スキルアップ / 楽しい

BB Log / yukimura masanobu

Google AdSense

【解決】:要注意 - 収益に重大な影響が出ないよう、ads.txt ファイルの問題を修正してください。

投稿日:

Google AdSense を使い始めて最初に気になるかもしれない、上記の警告メッセージですが、簡単に修正可能です。

ads.txt が配置されていないことで発生する警告

警告を修正するには、ads.txt を自身のサイトに配置する必要があります。調べてみたら、現在(2019年10月以降)は下記の点が新しくなっています。

  • ads.txt ファイルを直接ダウンロードできるようになった。自分で作る必要なし。Google AdSense のサイトからダウンロードして自サイトに配置するだけ

他のサイトを見ると、ads.txt というテキストファイルを作って、中に適切な文字列を入れましょうとなっていたりしますが、現在は適切なファイルをGoogleアドセンス側で作ってくれるようです。

ads.txt をダウンロード

上記の画像の 今すぐ修正 のリンクをクリックします。下記の画面が表示されます。

ダウンロード のリンクをクリックすると、ads.txt がダウンロードされます。必要な情報は、ads.txt に書き込まれているので、後はこれを自サイトへアップロードするだけです。

ads.txt のアップロード

説明を見ると「各サイトのルートレベルのドメインにアップロードしてください」とあります。これは例えば、bblog.tokyo であれば、bblog.tokyo/ads.txt といったURLでアクセスできる位置にファイルを置く必要があります。

ファイルのアップロード方法はそれぞれ異なるかと思いますが、私の場合はサーバーの cPanel にあるファイルマネージャーを使用してファイルをアップロードしました。ファイルのアップロード方法は各自確認してください。

アップロード後の確認方法

アップロード後、 bblog.tokyo/ads.txt といった形でドメイン名の直後に ads.txt をつけてアクセスしたとき、ファイルの中身が確認できれば、正しい位置に配置されています。

サブドメイン(例:www.bblog.tokyo といったもの)を運用している場合は、ルートドメインに(例:bblog.tokyo) へ配置するように注意してください。

警告の解消には半日から1日程度の時間が必要

ファイルを正しい位置においても、すぐには Google AdSense 上では警告が解消されません。参考情報としては、私の場合は配置した次の日には警告が消えていました。

-Google AdSense
-,

Copyright© BB Log / yukimura masanobu , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.