稼ぐ / スキルアップ / 楽しい

BB Log / yukimura masanobu

Google AdSense

半年でブログを作って後は自動収益化!Googleアドセンスで毎月のお小遣いを稼ぐ

更新日:

社会人として働きながら副業で稼ぎたい!

今の世の中、どんなに頑張って働いても給料は増えない世の中です。社会人として働きつつ副業を選択する人は多くなってきています。

今回は副業の1つであるブログと「Google Adsense(ぐーぐるあどせんす)」で収益化を目指す方法を記載します。

社会人として働きながらを考えるとブログで稼ぐのには下記の問題があると思います。

  • 仕事後の疲れで何もしたくない状態から作業をしなくちゃいけない
  • 毎日・毎週ブログを投稿する必要がある
  • 仕事ばっかりでブログに書くような趣味に時間をとれない

しかし、 ある程度の期間ブログを更新したら、後は何もしなくても収益が入る状態 にできるのであれば、毎日少しずつ作業したり、疲れていないときにまとめて作業する形で空き時間を活用できます。

この手法で1度成果を得られることがわかったら、あとはブログをたくさん作ればいいだけです。6万円儲かるブログが5つあれば30万円になります。毎日5つのブログを更新し続けることは非常に大変ですが、5つブログを作って放置することは十分可能なはずです。

私は面倒なことは嫌いです。だから時間は手動でしかできないことに使い、自動化できるところは自動化していく。自分1人で稼ぎを増やすには、自分がいなくて稼げるように仕組みを考えて作っていくのが必要です。自動化という作業が自分にとって楽しいと感じられるのも良い点です。ざっくり言うと自分が何もしなくても稼げるようになりたい、という状態を目指しています。

ということで今回は手動で作って放置するという、再現性が高そうな手法について紹介したいと思います。

じゃあ、実際にどうやって稼ぐのか私の実例をもとに紹介します。最近とりかかったものは6か月で作成して、たまに様子を見て後は放置をしています。作成した後は放置をした状態にも関わらず、日々ちょっとした食事には困らない程度の状態に持っていけています。

Google アドセンスで稼げるブログのジャンルは自分が興味があるものを

最近作成したものは転職情報をまとめた特化型ブログです。2017年の10月ごろ始めて翌年の4月ごろで更新でやめています。しかし依然として安定した収益を上げています。

選択するジャンルですが、自分と他人がある程度興味がありそうなものであれば、正直なんでもいいかなと思っています。まず自分が興味がないと記事を量産できませんし楽しくないです。その中で他人も知りたい情報をテーマにしていくのがいいと思います。

他には短期間で結果を出すにはテーマを特化型にして情報を集約させることは必須と考えています。

  • ある程度自分自身が興味や経験があるもの
  • 専門知識はなくてもいいがオリジナルの経験はほしい
  • オリジナルの経験がなければ、インターネットで調べたことを整理して見やすくする

選択するジャンルが複数でも構いませんが、 1ブログで1~3つ程度に絞り、かつ関連があるジャンルのほうが収入が伸びると感じています。あまり複数のジャンルに広がりすぎると、そもそも何のサイトかわからなくなり、ブログを見てくれる人が少なくなります。

私の転職情報をまとめたブログですが、作成当初はそれほど転職情報に詳しいわけではありませんでした。しかし、実際に転職活動をしていた時期で、いろいろな転職情報を調べていた時期でした。ほしい情報がいろんなサイトにバラバラにあってわかりにくい状態だったので、自分用にまとめたブログが1つほしいなあと思い始めたブログです。もっと言うと最初は特にGoogle アドセンス用として作成していませんでした。知って良かった情報をまとめていただけのブログです。

ブログを作る上で最優先するべきポイント!

記事の内容ですが、ある程度時間が経っても意味がなくならないテーマを選択して作成したほうがいいと思っています。

例えば、「明日どこどこで転職フォーラムがあります!」といったテーマはNGです。明後日には意味のない情報になってしまいます。 半年後にはさらに意味のないブログになるでしょう。

「いついつの転職フォーラムでこういうことがあったよ」というテーマはOKです。転職フォーラムは1回きりのことですが、次回開催時の参考になります。前回にどういったことが行われたかは興味がある人がいるかもしれません。

放置するから何でもいいわけではなく、放置するから後から見ても誰かにとって有益な情報を書く必要があるわけです。この視点はとても重要です。

次に必要なのはブログを知ってもらうための目玉となるブログ記事です。ある程度記事数を書き、ブログが充実してきても恐らく人はやってきません。なぜなら誰もあなたのブログを知らないからです。

ブログに人を呼び込むには一目で人を引き付けるような記事が必要です。刺激的で見た瞬間開きたくなるような記事を用意しましょう。

「いや、そんなテーマは思いつかないよ」となるかもしれませんが、安心してください大丈夫です。これ実は簡単な方法が1つあります。それは、これまでのブログの内容をもとに、特定のユーザーへ向けて入り口となる概要ブログを作ればいいのです。

例えば、「10分でわかる初めての転職活動で知っておくべき3つのこと」といった感じで初めて転職する人向けの記事を書いたり、「2回目の転職はここに注意!年収アップの方法」といった感じで特定のユーザーを引き込むような記事がいいと思います。

ブログってあるテーマに従って書いていると思いますが、30、40と書いていると、最初にブログに来た人が「ここなんのブログなの?」とパっと見てわからなくなって、すぐに帰ってしまいます。ブログを書く人は多くいますが、見やすいように整理する人って結構少ないと感じています。

だから、このブログはまずはこの記事さえ読めばわかる!といった状態にすればどういったブログなのかわかりやすくなり、他の記事にもアクセスしてくれることが多くなります。

私の場合は、転職情報をまとめたブログですが、初めて転職する人をターゲットにしていたので、転職サイト選びや、転職サイトでの会社の探し方、転職先を探し始めるタイミングなど、いろいろ必要そうな情報を書いていました。30~40記事を書いた段階で、今までの記事の概要を1つにまとめたような概要ブログを書き、TOPページの目立つ位置に表示されるようにしていました。ある程度新しい記事を書いたら、概要ブログも更新するという方法で行ったり来たりを繰り返し、概要ブログを最新状態にして充実させることを意識して作業していました。

最終的に記事の数は200程度となりました。平日だと仕事で疲れてしまい更新を止めるときはありましたが、その分は週末に書き溜めていたり、週末にテーマだけ決めて平日につらつら書くとか、いろいろな方法を試して少しずつ進めていました。

この稼ぎ方のメリット

  • 最終的はほぼほったらかしの状態で、ある程度まとまったお金が定期的に手に入る
  • 1年のうち半年間がーっと仕事をして、半年間休みたいといった仕事をしたい人に向いている

この稼ぎ方のデメリット

  • 1週間で5記事程度でも、収益化されるのは半年後となってしまう
  • 150~200程度の記事の執筆が得意ではない人には不向き

まとめ

ブログで稼ぐのは記事数は必要ですが、更新し続けなくてもある程度は稼げます。副業の選択肢の1つとしてご参考ください。

会社後の疲れ切った状態だとなかなか1記事書くのも大変ですが、好きな趣味だったり、仕事の延長線にあるテーマの中から、時間が経っても変わらないテーマを探してブログを書き溜めていけば、いずれ大きな財産になります

私の場合だと「会社員の給料を超えたい!」と信じて、この生活を抜け出したいと思うことが一番のモチベーションだったりします。あと重要なのは自分が過程を楽しめるのかどうかです。楽しくないことは続きません。

毎日生きていくだけで大変ですが、なんとか時間と体力を出して毎日1記事とか、毎週2記事とかルールを決めて取り組んでいきましょう。きっと助けになるはずです。

よし!やってみたい!という方は、ブログを始めるための独自ドメインの取得と、サーバーのレンタルについてまとめてある下記の記事を参照してください

-Google AdSense
-, ,

Copyright© BB Log / yukimura masanobu , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.