稼ぐ / スキルアップ / 楽しい

BB Log / yukimura masanobu

自己紹介

私は楽しくお金を稼いで、新しい知識に触れて、どこかを目指すエンジニアです。

更新日:

今回はこんな話です。

雪村正信(yukimura masanobu) を一言でまとめる

freephotocc / Pixabay

一言でまとめますと、私はシステムエンジニアとして約10年間働き「なんか違うな」と思って少しだけ別の道に進んだ結果、楽しく仕事して、新しい技術に触れて、少しずつアウトプットできるようになり、前よりも少しだけ幸せになった気がする人です。

 

大学卒業からSEとして10年働く

rawpixel / Pixabay

入社当初2~3年は、仕事を覚えることに精一杯でしたが、知識やノウハウをどんどん獲得することができる環境でした。

大学ではシステム工学全般やソフトウェア設計を学んでおり、プログラミングについてはあまり知識がない状態でした。ビジネスとして販売可能なシステムを構築する技術を獲得することができ、かなり満足度は高かったです。

しかし、システムエンジニアとして5年程度働いたころから「このままでいいのかな」と思いながら仕事をするようになりました。

プロジェクトのリーダーとしてお客様と打ち合わせして、システムを設計・実装・テストして完成したら納品するという、一定のプロセスを行えるようにはなりましたが、なぜか自分自身が工場になったような気分になりました。

そのままプラス5年働き、入社して約10年目になったころには、自分の未来の姿が完全にイメージできてしまいました。そして「なんか違うな」というきっかけから少しだけ別の道に進んでみることにしました。

 

特にブラック企業ではなかった

cegoh / Pixabay

最初の会社は中小企業でしたが、別にブラック企業ではありません。

中小企業ですが理にかなった組織化がされていて、システムエンジニアとしての技術を習得もでき、いい人が多くいます。

社長も毎年魅力的な新しい方針を打ち出し社員に説明しています。もちろん残業代も申請すればそのまま通ります。

 

会社の方針は良かったが、次第に自分のやりたいこととズレる

Free-Photos / Pixabay

しかし、会社の方針が部長、課長と経由されると、保身に保身を重ねます。私に残っているのは「コンクリートで舗装された平坦な道」でした。私の仕事はその舗装された道を歩くことでした。

改善案を提案しても、すでに工事は終わっていて変わることはありません。上司は改善案そのものは受け入れてくれますが、何かが変わることはありません。

結局だんだんと言われるがまま仕事をするようになりました。最初は楽でいいなと思いましたが、だんだんと「つまらない」と思うようになりました。

 

会社を変えるには時間がかかる

Free-Photos / Pixabay

私が部長や課長など上の立場になれば仕事も変えられたかもしれませんが、年功序列型の会社でかつ上の席はすでに埋まっていました。10年くらいしたら課長の席が1つ空くかもしれません。

しかし、仮に席に座れたとしても、そこからも大変であることは新しい部長や課長を見ているとわかってしまいました。

新しく管理職になった人から「重要な会議で意見を言ったら『お前は何様なんだ!!』と怒られた」という話を聞きました。そんな体制に疲れ切っている管理職を見ることもありました。

仮に席につけたとしても自分がやりたいことができるとは限らない。これが決定打となり別の道に進むことにしました。

 

10年働いた後から現在まで

Free-Photos / Pixabay

会社には、私が新人社員のころから良い経験をさせてもらいました。

入社半年もしない内から先輩社員にくっついて客先へ行き、重要な客先へプログラムを説明したり提出したりするといった経験はなかなかできることではない、と今となって思います。とても感謝しています。

ただ、10年経験を積んだ結果、「楽しさ」という点に関して私とずれが起きていたと思います。「会社」だから仕方ないことかもしれませんが「昨年の売り上げから5%増を目指す!」とか言われても楽しさは感じられませんでした。

私が作ったものである程度お金を稼ぐことはできたかもしれませんが、本当に誰かの役に立っているかは疑問でした。

 

楽なことをしたいわけでもないです。

誰かの役に立つことであれば大変でも時間がかかっても提供したいです。

 

そんなことを考えていたら「もっと別の働き方があるのではないか?」と思うようになり、いろいろと活動をしています。このサイトでは得られた知識、技術、ノウハウを紹介していけたらと思います。

 

とりあえずここまでで。1つの考え方としてご参考ください。

-自己紹介
-

Copyright© BB Log / yukimura masanobu , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.