稼ぐ / スキルアップ / 楽しい

BB Log / yukimura masanobu

転職

エンジニアになりたい人は会社に潜む罠に気を付けて

投稿日:

エンジニアになりたくてようやく入れた会社でもエンジニアの経験をさせてくれない会社が残念ながら世の中にはあります。もし、そういった会社へ入ってしまったら、さっさと転職することをお勧めします。

ただ、会社もせっかく採用した人を逃がしたくないので、あの手この手であなたを引き留めにかかります。しかし、自分が怪しいと感じた直感は当たっていることが多いです。取り返しがつかなくなる前にさっさと別の会社を探して転職しましょう。

エンジニア採用なのにExcelでスクリーンショットを撮る仕事しかない

いわゆるIT事務員として雇われている可能性が高いです。本当に最初だけ仕事に慣れるためにテスト作業をしているのであれば問題ないのですが、それが3か月とか半年続くようなら、転職を考えましょう。おそらく会社はあなたにエンジニアとしての経験を積ませる気はないでしょう。

テスト作業自体が悪いとは言いませんが、プログラムを設計したり、作ったりするのがまずは目指すべきエンジニアです。モノを作った経験がないのにテストだけしかやらせてもらえないのは、その会社がそういったテスト仕事しか受注できていない可能性もあります。2次受け、3次受けの仕事が多い会社なのかもしれません。

大きなシステムの会社だと、大企業が1次受けして、仕事を分割して2次受け、3次受けと、いろいろな会社へ分割されますが、中には他の会社へ仕事を投げてお金を取るといった会社も残念ながら存在しています。末端に行けば行くほど給料は安く、きつい仕事になります。そういった流れがある中で、テストだけをメインに行っている会社は、かなり末端の会社です。自社だけでは開発する能力がないといっている会社です。技術や経験を得たいなら早く別の会社へ転職してください。

たまにエンジニアの仕事をさせて辞めさせない

私の友達の話になりますが、エンジニアとして採用されたのに、まったく関係ないデザイン事務的な作業をずっとやらされている人がいました。その人はあと少しがんばればエンジニアの仕事を与えてくれるという言葉に従って、1年、2年とやりたくない仕事に耐え続けていました。

やっかいなのは本当に1年後にエンジニアとして仕事は来たのですが、3か月後には、また同じデザイン事務の作業に戻されているところです。たまに甘い蜜を吸わせて、人を逃がさないようにしているところが本当に酷いと思いました。その人は結局3年、5年と騙され続けて、最後にはエンジニアとしての経験を十分につめないまま、転職しました。転職先でもエンジニアの経験が十分に詰めなかったことや年齢的な部分もあり、エンジニアにはなれませんでした。

会社の言う、3か月後とか、半年後とかは正直あてにしてはなりません。信用できない言葉なので、会社がそういった言葉を使うようなら注意してください。

帰れない、残業代を支払わない

特に責任感の強いあなたに当てはまる話ですが、仕事をしたらお金をもらえるのは当然の話です。それが、あなた自身のミスで発生したとしてもです。

プログラム開発は、突然不具合が起きたり、スケジュール遅延が起きたりするものです。でも問題が起きてもあなたが気に病む必要はありません。それを察知できない管理者であるリーダーやマネージャーといった管理職が悪いのです。

もちろんある程度は残業が発生することはあるし、命令に従ってもいいでしょう。しかし、ミスを犯した分残業代を支払わないという会社がいたら、即刻転職してください。それとこれとは話が違います。それは会社のルールとか関係なく法律として無償で働かせることはNGです。

残業時間にしてもそうです。毎週何時間まで、毎月何時間までという労基規定を会社と契約しているはずです。例えば残業が毎月80時間までなら、それを超えて残業する必要はありません。まぁ、振り返ると面白い経験ではあるので修羅場を経験してみるのもいいかもしれませんが、1回だけにしておいてください。1回だけですよ。ただし、1回やると会社も図に乗るので注意です。

責任者は責任を取るために存在しているのです。ミスを起こさせるような体制を組んだリーダーが悪いのですから、リーダーに責任を取ってもらいましょう。どうしても気が引けるのであれば、プロジェクトが落ち着いた段階で転職しましょう。そういうことが起きる会社は、一定周期で大炎上を起こす会社です。会社に変革を求めても時間がかかります。5年10年経過する間に、あなたのうつ病になるまで神経を酷使されるかもしれません。さっさと逃げることをお勧めします。

3年は我慢して経験積まないと→嘘です

転職しようとするときに言われるのがこの言葉です。3年は同じ仕事を積まないと経験にならない、という話です。もしかしたら他の人から見られたときそう見えるかもしれませんが、実務的なことを言うと、はっきり言って無駄な会社に3年いるほうがよっぽど無駄です。

この会社はダメだと思ったら、すぐに他の会社を探して転職しましょう。若いなら第2新卒として扱ってくれる会社も多いです。ダメな会社で変なことを社会の常識だと思って染まってしまう方が問題です。3年もしたら転職なんて考えられないような体質になっているかもしれません。おかしいと思ううちに早く逃げてください。

人間の慣れというのは恐ろしいもので、最初はおかしいと思っていても、他の人が文句なく従っているのを見ると、あれ?おかしくないのかな?と次第に思ってしまうものなのです。特に大学を卒業して会社へ入るときに勘違いしてしまうのは、環境の変化により、これが社会人だから従わないと!と勘違いしてしまう人が多いのです。言葉は悪いですが洗脳されてしまうということです。

管理職が生き生きしていない

その会社で働くということは、ゆくゆくはあなたが管理職として働く可能性もあります。しかし、管理職になってからこんなはずではなかったと思うことがあります。いざ、管理職になっても部下がいないとか、会社に対する発言権や権限がないとか、結局は平社員のときと変わることはなく名ばかり管理職と言われるような人が多い会社ではないでしょうか。

あえて管理職を増やして残業代をなくしている会社も多いので、不自然に管理職が多くないか見てみましょう。だいたいそういう会社は管理職が生き生きしていません。そんな会社に人生を捧げたいという人はいないでしょう。

 

人間は最初に手にしたものを手放すのは惜しいと思ってしまいます。転職もそうです。他の仕事に移る不安も大きいですが、あれ?この会社おかしいなと思ったら、まずは転職サイトに登録するなど準備をしておきましょう。実際に転職しなくても、転職サイトに登録して、面談に行ったりすると自分の社会での立ち位置がわかって安心できると感じられます。そして良い条件のところがあれば転職してしまえばいいのです。私の友達に3年ごとに転職しているような友達がいますが、全く問題なく元気にやっています。この先どんなことが待っているかわからない世の中になってきています。自身のために準備はしっかりしておきましょう。

-転職
-,

Copyright© BB Log / yukimura masanobu , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.